DMMFXのスプレッド

DMM FXのスプレッドは、業界最狭水準のスプレッドであることで有名です。楽天リサーチ株式会社が実施した、FX取引会社のサービス満足度等のアンケートでは、DMM.com証券が「最も利用しているFX会社」として第1位に輝いています。

dmmfx.jpg

大人気通貨ペアのUSD/JPY(米ドル円)が原則0.3銭固定という低スプレッドを実現していますし、また人気の高いEUR/JPY(ユーロ円)も原則0.7銭固定、GBP/JPY(英ポンド円)原則1.2銭固定と、このように人気の通貨(全20通貨ペア)が、業界最狭水準スプレッドで利用できます。

2012年12月5日現在のDMMFXの全通貨ペアのスプレッド一覧です。
supu.jpg

そもそもスプレッドとは、「BID」と「ASK」の価格差のことです。
買いポジションを保有するときはASKレートで、
決済(売り決済)するときはBIDレートにて取引します。

スプレッドはFX取引における代表的なコストの一つであり、FX会社を選ぶときはこのスプレッドが「狭い」ことが重要になります。そしてこのスプレッドが狭いFX会社であれば、新規と決済取引における、コストを圧縮し、効率よく利益を得ることができるのです。

DMM FXならスプレッドコストの圧縮が効率よく可能で、より自分にとって、有利なFX取引環境が提供されているといっていいでしょう。